So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2009年05月 |2009年06月 ブログトップ
前の10件 | -

バトンタッチ!! [上演中]

『55』稽古日記をご覧の皆様こんにちは。

カンパニーにバトンタッチされた稽古日記が
いよいよスタートです!

その第一回は私、加藤Kが
本番直前の様子をリポートしたいと思います。

090528_blog01.jpg

ここは本番前の舞台上。
今日はタップ隊がみんなで自主稽古をしています。

ユニゾンの稽古が一通り終わり、冒頭の部分を
3人で合わせていると、後ろに人影が‥‥

090528_blog02.jpg

柴田桃子がこのポジションを狙って振りを盗もうとしています。

「マジやりたい! マジやりたい!!
 でも Step わかんない。。。」

結局
「晋ちゃん、教えて――!!」

そんな中、井上智恵さんも登場。
本番前の最終チェックをされていました。

090528_blog03.jpg

みんなこうして、毎日の本番で少しでも成長できる様、
そして新しい自分への挑戦のため、日々稽古を続けています。

私も苦手のタンバリン投げ、練習してきま~す♪

090528_blog04.jpg

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

もうひとつのデビュー [上演中]

先日、初めて『ソング&ダンス』シリーズに出演した
俳優たちの感想をお届けいたしました。

実はこの日もう一人、"デビュー" した出演者がいるのです。

岩崎晋也

「よろしくお願いします」という声とともに拍手で
迎えられていたのは、この稽古日記ではおなじみの(?)
Iさんこと岩崎晋也。
入団6年目にして初めて「公演委員長」に任命されたのです。

劇団四季では、全国各地でいくつもの公演が同時進行しているため、
それぞれの公演に「公演委員会」という組織を設け、各作品ごとに
責任を持って公演を遂行しています。
そのリーダーが「公演委員長」なのです。

この「公演委員長」は、その作品を深く理解している
ことはもちろん、リーダーとしての資質が必要とされるため、
中堅やベテランの俳優が担当することがほとんどです。

他のカンパニーの例をいくつか挙げてみると、
ライオンキング』東京:スカー役・栗原英雄
『ウィキッド』東京:フィエロ役・北澤裕輔
『ウェストサイド物語』全国:リフ役・田邊真也
といった具合です。

入団6年目の岩崎にとっては非常に大きなチャレンジですが、
「公演委員長:岩崎晋也」の横には、(指導:芝 清道、阿久津陽一郎)
という頼もしい文字が光っています。
いくつもの作品で公演委員長を務めてきた2人の先輩に支えられ、
さまざまな経験を積み、大きく羽ばたいていくことでしょう。

芝 清道
芝 清道

阿久津陽一郎
阿久津陽一郎

初日を迎えた日、劇団宛に送られた報告書にはこう書かれていました。

「スタッフ・営業・キャスト一丸となって、
甘えることなく全力で邁進していきたいと思います」

『55ステップス』名古屋公演。ぜひお楽しみください。

岩崎晋也
岩崎晋也

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

稽古日記について [上演中]

『55ステップス名古屋公演開幕までの
様子をお届けしてまいりました稽古日記。
お楽しみいただけましたでしょうか?

短い期間ではありましたが、毎日たくさんの方に
ご覧いただき、温かいコメントも多数お寄せ頂き、
本当にありがとうございました。

この反響を『55』カンパニーに伝えましたところ、

Sさん:「そんなに楽しんでくれてるなら続けようぜ」
090519_blog01.jpg

Iさん:「毎日は無理だけど週一回くらいなら大丈夫かも」
090519_blog02.jpg

Kさん:「いいっすよ、書きますよ!」
090519_blog03.jpg

などの意見が出ましたので、これからはもう少し
のんびりしたペースで、名古屋公演の稽古の様子などを
お伝えしていきたいと思います。
(実は、昨日お届けした3名の感想は、Sさんからの提案でした!)

今後とも『55』稽古日記をよろしくお願いいたします。

『55ステップス』名古屋公演、絶賛上演中です!
090519_blog04.jpg

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

『ソング&ダンス』デビュー [上演中]

5月17日、『55ステップス』名古屋公演で、『ソング&ダンス』シリーズに
初めて出演した3名の俳優に、初日の感想を聞いてみました。


[晴れ]成田蔵人

成田蔵人

――本番を終えて

えーと、とても緊張しまして・・・
いろいろありまして・・・
でもとりあえず初日を迎えられてホッとしています。

曲が多いので振りを覚えるのが大変でした。
あとはタップのステップがすごく複雑なので苦労しました。
でもタップと「ド・レ・ミの歌」は、お客様と交流が
できるので、特に楽しいです。

――『55』の稽古が始まった頃は『ウィキッド』に
 出演中だったため、他のメンバーより半月ほど遅く
 稽古に入った成田。
 皆に追いつくまでが大変だったのでは?

全体の稽古が終わった後で一人で稽古をすることも
多かったですが、稽古は好きなので全然大丈夫です。
稽古してできるようになるのは嬉しいので・・・頑張ってみました。

――お客様へのメッセージ

みんな楽しく頑張っていますので
ぜひ一緒に楽しんでください!


[晴れ]川東優希

090518_blog02.jpg

――本番を終えて

「とりあえずここまできた」って感じで
一安心しています。
お客様の反応もすごくて楽しかったです。

マーチングが僕にとって一番の課題で、
最初はすごく苦労しました。

東京公演に出演していた西尾(健治)君が
ベースを作ってくれていたので、ベースは守りつつ
自分の手の動きや気持ちに合うようにアレンジしたら
少しずつ「なんとかなる」と思えてきました。

じょじょに楽しくなってきたところなので、
これからもっと自由にリズムに乗っていきたいですね。

実は今日、カーテンコール
ドラムのスティックが折れてしまったんです。
「ほかにはいらない、ジャン」までは大丈夫だったんですが、
その後に折れてしまってびっくりしました・・・。

――お客様へのメッセージ

宝石箱っていうのは本当にその通りで、一つ一つが
豪華で派手で、しかも緻密に計算された部分もあって。
エンターテイメントとしてすごく楽しめると思います。
ぜひ観にきてください!よろしくお願いします!


[晴れ]斎藤准一郎

090518_blog03.jpg

――本番を終えて

みなさんと同じく、僕もホッとしています。

稽古期間は一ヶ月くらいありましたが、「宝石箱」って
言うだけあって、いろんな作品のいいところやいい曲が
いっぱいつまってるんですよね。
いろんなジャンルの踊りがあるので、
すごく勉強になりますが、稽古は大変でした。
(舞台裏も大変・・・とにかくずっと走ってます!)

「トプシー・ターヴィー」でワイヤーウォークを
やることが決まった時、『ウェストサイド物語』に出ている
双子の兄の洋一郎に電話してアドバイスをもらい、
イメージトレーニングをしたりしました。
※東京公演では、加藤敬二と斎藤洋一郎の2人がワイヤーウォークを披露しました。

敬二さんには、「遊べるところがあれば客席を見て」
って言われていますが、歩いている時はまだ周りを
見るほどの余裕は無いですね。
これから何度もやるうちに、どんどん楽しめるように
なれたらいいなと思っています。
あ、でも真ん中で止まっている時だけは、
お客様の顔はたくさん見えますよ!

――お客様へのメッセージ

ただただもう、「観にきてください!」
メンバーが変わって東京公演とは違う空気もあると
思いますし、振りも変わっていたりしますし。
(「ド・レ・ミの歌」で○-○○○が登場したり・・・)
東京公演をご覧になった方も、ぜひもう一度名古屋へ
観に来ていただけたらと思っています。


『55ステップス』名古屋公演、絶賛上演中です!

【パソコン】
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

「ようこそ劇場へ」 [開幕前]

オーヴァーチュアとともに幕が開き、『55ステップス』の
オープニングを華やかに飾るのが『アプローズ』より
「ようこそ劇場へ」「アプローズ」の2曲です。

確かに劇団四季で上演したことのある作品ではありますが、
それはもう数十年も前のこと。
なぜ55周年祝典のオープニングにこの2曲を選んだのか、
演出・構成・振付を手掛けた加藤敬二に聞いてみました。

090517_blog01.jpg

いつもお客さまにお見せしているのは役を演じている姿。
華やかな衣裳を着てメイクをしてキラキラしているのは
役を演じている人間なんです。
でもこの『55ステップス』は“役”で見せたくなくて。

舞台上のプロセニアムアーチの前は表舞台、
後はバックステージになっていて、「ようこそ劇場へ」
俳優たちのバックステージの姿。
舞台の裏側は決して楽しいだけじゃなくてすごく厳しい。
そういう面も全部見てもらいたいなと思っています。

090517_blog02.jpg

「アプローズ」ナンバーは、ダンスをしている人から見たら
本当に「え?」というくらい当たり前の振りしかつけていないんです。
振りをがんじがらめにすると、そこしか行き場が無くなって
しまうので、ここは自由に踊って欲しいと思って。

東京公演の時、「アプローズ」で涙が出たという声を
すごくたくさんいただいたんです。
俳優たちが発するエネルギーを受け止めてもらえたのかなと
嬉しかったですね。
名古屋でも俳優たちが思いっきりエネルギーを発散して、
お客様にそれを感じてもらえたらと思います。

090517_blog03.jpg

『55ステップス』名古屋公演、まもなく開幕です!

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>

090517_blog04.jpg
コメント(0) 

ゲネプロ [開幕前]

本日はゲネプロが行われました。

090516_blog02.jpg

ゲネプロとは、ドイツ語の「Generalprobe(ゲネラルプローベ)」を
略したもので、初日前に行う最終通し稽古のことです。

出演者たちの衣裳やメイクはもちろんのこと、舞台の準備、
劇場案内クルーの動き、開演ベル、休憩時間など、すべてにおいて
本番通りに行い、初日に向けての最終確認をします。

実は『55ステップス東京公演の開幕はまさに綱渡りでした。
舞台装置、衣裳などが完成したのはゲネプロ当日。
振りや立ち位置も細かい調整を続けていたため、全てが整った状態で
通し稽古を行えたのは、ゲネプロの日が初めてという状況でした。

その時の出演者・スタッフの集中力はすさまじく、
「どんなに疲れていても舞台ではベストの状態を見せる」
「初日までに必ず完全な舞台を創りあげる」
「時間が無くても細かいところ見えないところまでこだわりぬく」
「最高の舞台を届けたい!」
という気持ちが満ち満ちていました。

互いに励ましあい協力しあってひとつの舞台を創りあげる。
そして無事に初日を迎え、お客さまからの鳴り止まない拍手を聞いた時、
それまでの苦労は計り知れないほどの喜びに変わるのです。
まさに劇団四季創立55周年の祝典にふさわしい瞬間でした。

090516_blog01.jpg

それはこの名古屋公演でも同じことです。

今日の稽古はゲネプロ開演の4時間前から始まりました。
ゲネプロを終えると、すぐさま稽古着に着替えて
加藤敬二からのダメ出しを受け、特に気になるシーンについては
再度稽古を行っていました。

090516_blog03.jpg

090516_blog04.jpg

出演者の稽古が終わると舞台スタッフの時間。
ゲネプロで生じた変更点に対応し、問題点を改善するため、
スタッフの作業はまだ続いています。

『55ステップス』名古屋公演、いよいよ明日開幕です!

5月17日(日)開幕!
新名古屋ミュージカル劇場

090516_blog05.jpg

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>

090516_blog06.jpg
コメント(0) 

特別な日 [開幕前]

突然ですがクイズです。
今日は何の日でしょうか?

チクタク・・・

チクタク・・・

(ヒント:1999年)

チクタク・・・

チクタク・・・

はい、お時間です!

2009年5月15日、新名古屋ミュージカル劇場は
10周年を迎えました。

10年間で上演した演目の数は、実に28演目。
公演回数は3054回。
ご来場いただいたお客様の数は約257万人!
地元名古屋はもちろんのこと、全国のお客様に支えられて、
10歳の誕生日を迎えることができました。

090515_blog01.jpg


続いて第二問!
1999年5月15日、こけら落し公演として
上演された作品は何でしょうか?

チクタク・・・

チクタク・・・

チクタク・・・

10年前、新名古屋ミュージカル劇場のオープニングを飾った
記念すべき作品は・・・

そう、『ソング&ダンス』なのです。

この時上演されたのは『ソング&ダンス』シリーズの第一弾。
新名古屋ミュージカル劇場は「ミュージカルの花束」と題された
この作品とともに華々しくオープンしました。

あれから10年。
劇場では、『ソング&ダンス』シリーズ第四弾となる
『55ステップス』の稽古が佳境を迎えています。

090515_blog02.jpg

090515_blog03.jpg

090515_blog04.jpg

090515_blog05.jpg

つい先日まで真っ白なエルサレムの荒野だった舞台は
きらびやかな照明につつまれています。

そして、劇場ロビーには劇団四季で上演されてきた数々の作品の
ポスターをコラージュした『55ステップス』パネルが設置され、
お客さまの到着を待ちわびています。

090515_blog06.jpg

『55ステップス』は、明日の最終通し稽古を経て
5月17日(日)に開幕します。

開幕まであと2日!

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>

090515_blog07.jpg
コメント(0) 

いろいろあるんです・・・ [開幕前]

舞台ができあがるまでにはいろんなハプニング(!)が起こります。

「きれいに出来上がったものだけじゃなく
ハプニングも失敗も全部見てもらおう!」と
『55ステップス』の演出家である加藤敬二より特別な許可が。

普段は作品のイメージを崩さないよう、
そのようなシーンをお見せすることはありませんが、
せっかくの機会なので“遠慮なく”公開させていただきます!


ストレッチ
ストレッチメンズ!


襟
「襟曲がってますよー」


チムチム1
「チム・チムニー♪ チム・チム・チェリー♪」

チムチム2
「チム・チェル~~」


帽子
帽子変じゃない?」


転換1
『李香蘭』から『南十字星』へと華麗なる転換!!!

転換2
「バリ舞踊・・・間に合いません・・・」


肉体美
ザ・肉体美!!


開幕まであと3日!

5月17日(日)開幕
名古屋ミュージカル劇場

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

表情2 [開幕前]

引き続き、俳優たちの魅力溢れる表情をお届けいたします。

ブエノスアイレス

バリ舞踊

バリ舞踊

加藤敬二

開幕まであと3日です!

5月17日(日)開幕!
名古屋ミュージカル劇場

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

表情 [開幕前]

「役を生きる」ために日々稽古に励む俳優たち。

この『55ステップス』では、生きるべき役がとても多く、
加えて俳優自身の魅力が全面に打ち出された場面もあるため、
通常の作品以上にさまざまな表情を見ることができます。

衣裳もメイクも装置も無い稽古場では、俳優たちの
表情の豊かさがいっそう際立って見えるような気がします。

前置きが長くなってしまいましたが、
今回は稽古場で切り取られた、俳優たちの素敵な表情の数々を
ご紹介してみたいと思います。どうぞお楽しみください。


僕の願い

メモリー

ド・レ・ミの歌

手をすり抜けて

この続きはまた明日。開幕まであと4日です!

5月17日(日)開幕!
名古屋ミュージカル劇場

パソコン
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 
前の10件 | -
-|2009年05月 |2009年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。