So-net無料ブログ作成

『ソング&ダンス』デビュー [上演中]

5月17日、『55ステップス』名古屋公演で、『ソング&ダンス』シリーズに
初めて出演した3名の俳優に、初日の感想を聞いてみました。


[晴れ]成田蔵人

成田蔵人

――本番を終えて

えーと、とても緊張しまして・・・
いろいろありまして・・・
でもとりあえず初日を迎えられてホッとしています。

曲が多いので振りを覚えるのが大変でした。
あとはタップのステップがすごく複雑なので苦労しました。
でもタップと「ド・レ・ミの歌」は、お客様と交流が
できるので、特に楽しいです。

――『55』の稽古が始まった頃は『ウィキッド』に
 出演中だったため、他のメンバーより半月ほど遅く
 稽古に入った成田。
 皆に追いつくまでが大変だったのでは?

全体の稽古が終わった後で一人で稽古をすることも
多かったですが、稽古は好きなので全然大丈夫です。
稽古してできるようになるのは嬉しいので・・・頑張ってみました。

――お客様へのメッセージ

みんな楽しく頑張っていますので
ぜひ一緒に楽しんでください!


[晴れ]川東優希

090518_blog02.jpg

――本番を終えて

「とりあえずここまできた」って感じで
一安心しています。
お客様の反応もすごくて楽しかったです。

マーチングが僕にとって一番の課題で、
最初はすごく苦労しました。

東京公演に出演していた西尾(健治)君が
ベースを作ってくれていたので、ベースは守りつつ
自分の手の動きや気持ちに合うようにアレンジしたら
少しずつ「なんとかなる」と思えてきました。

じょじょに楽しくなってきたところなので、
これからもっと自由にリズムに乗っていきたいですね。

実は今日、カーテンコールで
ドラムのスティックが折れてしまったんです。
「ほかにはいらない、ジャン」までは大丈夫だったんですが、
その後に折れてしまってびっくりしました・・・。

――お客様へのメッセージ

宝石箱っていうのは本当にその通りで、一つ一つが
豪華で派手で、しかも緻密に計算された部分もあって。
エンターテイメントとしてすごく楽しめると思います。
ぜひ観にきてください!よろしくお願いします!


[晴れ]斎藤准一郎

090518_blog03.jpg

――本番を終えて

みなさんと同じく、僕もホッとしています。

稽古期間は一ヶ月くらいありましたが、「宝石箱」って
言うだけあって、いろんな作品のいいところやいい曲が
いっぱいつまってるんですよね。
いろんなジャンルの踊りがあるので、
すごく勉強になりますが、稽古は大変でした。
(舞台裏も大変・・・とにかくずっと走ってます!)

「トプシー・ターヴィー」でワイヤーウォークを
やることが決まった時、『ウェストサイド物語』に出ている
双子の兄の洋一郎に電話してアドバイスをもらい、
イメージトレーニングをしたりしました。
※東京公演では、加藤敬二と斎藤洋一郎の2人がワイヤーウォークを披露しました。

敬二さんには、「遊べるところがあれば客席を見て」
って言われていますが、歩いている時はまだ周りを
見るほどの余裕は無いですね。
これから何度もやるうちに、どんどん楽しめるように
なれたらいいなと思っています。
あ、でも真ん中で止まっている時だけは、
お客様の顔はたくさん見えますよ!

――お客様へのメッセージ

ただただもう、「観にきてください!」
メンバーが変わって東京公演とは違う空気もあると
思いますし、振りも変わっていたりしますし。
(「ド・レ・ミの歌」で○-○○○が登場したり・・・)
東京公演をご覧になった方も、ぜひもう一度名古屋へ
観に来ていただけたらと思っています。


『55ステップス』名古屋公演、絶賛上演中です!

【パソコン】
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。