So-net無料ブログ作成

「ようこそ劇場へ」 [開幕前]

オーヴァーチュアとともに幕が開き、『55ステップス』の
オープニングを華やかに飾るのが『アプローズ』より
「ようこそ劇場へ」「アプローズ」の2曲です。

確かに劇団四季で上演したことのある作品ではありますが、
それはもう数十年も前のこと。
なぜ55周年祝典のオープニングにこの2曲を選んだのか、
演出・構成・振付を手掛けた加藤敬二に聞いてみました。

090517_blog01.jpg

いつもお客さまにお見せしているのは役を演じている姿。
華やかな衣裳を着てメイクをしてキラキラしているのは
役を演じている人間なんです。
でもこの『55ステップス』は“役”で見せたくなくて。

舞台上のプロセニアムアーチの前は表舞台、
後はバックステージになっていて、「ようこそ劇場へ」
俳優たちのバックステージの姿。
舞台の裏側は決して楽しいだけじゃなくてすごく厳しい。
そういう面も全部見てもらいたいなと思っています。

090517_blog02.jpg

「アプローズ」のナンバーは、ダンスをしている人から見たら
本当に「え?」というくらい当たり前の振りしかつけていないんです。
振りをがんじがらめにすると、そこしか行き場が無くなって
しまうので、ここは自由に踊って欲しいと思って。

東京公演の時、「アプローズ」で涙が出たという声を
すごくたくさんいただいたんです。
俳優たちが発するエネルギーを受け止めてもらえたのかなと
嬉しかったですね。
名古屋でも俳優たちが思いっきりエネルギーを発散して、
お客様にそれを感じてもらえたらと思います。

090517_blog03.jpg

『55ステップス』名古屋公演、まもなく開幕です!

【パソコン】
作品紹介はこちら>>>
チケット予約はこちら>>>

【ケータイ】
ケータイはこちら>>>

090517_blog04.jpg
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。